東京に在る教会ホームページへようこそ

  • 神はアダムを命の木の前に置き、園にある木の実を自由に食べて良いと言われました。神が最初に人に望んだことは、食べることでした!よって、わたしたちは、聖書が食べることに関する書であると知ることができます。何を食べるのですか?神を食べます!主を食べるのです!

東京に在る教会について

聖書はわたしたちの唯一無二の標準です。もし聖書の純粋な言葉であれば、たとえ人が反対したとしても、宣べ伝えることを恐れません。もし聖書の言葉でないなら、たとえみんなが賞賛しても、決してそれに賛同しません。

ウオッチマン・ニー


地上における教会の境界は、唯一都市の境界にある

「東京に在る教会」は、聖書に「エルサレムに在る教会」「コリントに在る教会」「エペソに在る教会」と書かれているように、聖書の模範にしたがい、地上における教会の境界は、唯一都市の境界にあるという実行を実践しています。 東京に在る教会の起こりは、1954年(昭和29年)頃から、分派、教派、組織、伝統、慣行が明らかに非聖書的であるゆえ、それを嫌う東京在住のクリスチャンたちが純粋に聖書の模範に従い、地元に在って(都市に在って)一つである立場(以後、「地方合一の立場」と標記)に立って集会を開始しました。今日、キリスト教は異なる見解、意見によって何百、何千にも分かれていますが、 わたしたちは純粋に聖書にしたがって、地方合一の立場に立ち、 すべての兄弟姉妹とキリストのからだの一(the oneness of the Body of Christ)を享受しています。 これは主の回復です。主の回復とは、教会歴史の過程で失われ間違ってしまった状態から 正確な当初のあるべき状態へと回復することです。

この失われた聖書に基づく実行は、ウオッチマン・ニー兄弟に啓示された聖書真理にしたがって再開され、回復されました。ウオッチマン・ニー兄弟のメッセージは、全世界で約2000万人のクリスチャンに愛読されています。 現在、このような光を見て集会をする人たちが増えています。 この実行はアメリカ合衆国、極東、ヨーロッパ、ロシア、南アメリカ、アフリカ、そして、中東など世界中に広がっています。


わたしたちの信仰

  1. わたしたちは、聖書は一語一語が聖霊によって息吹かれた神の完全な啓示であることを信じます。(Ⅱテモテ3:16Ⅱペテロ1:21)
  2. わたしたちは、神は唯一であり、永遠から永遠に至るまで同時同存される三一の神(父、子、その霊)であることを信じます。(Iテモテ2:5前半.マタイ28:19)
  3. わたしたちは、神の御子、すなわち神ご自身が、わたしたちの贖い主、また救い主となられるため、処女マリヤから生まれ、イエスという名によってひとりの人となられたことを信じます。(ヨハネ1:114マタイ1:1820-21)
  4. わたしたちは、真正な人、イエスがこの地上で三十三年半の間、生活されたこと、それは人々に父なる神を知らせるためであったことを信じます。(ピリピ2:7-8)
  5. わたしたちは、イエス、すなわち神によってその霊で油塗られたキリストが、わたしたちのもろもろの罪のために十字架の上で死なれ、わたしたちの贖いの成就のために彼の血を流されたことを信じます。(Iペテロ2:24エペソ1:7前半)
  6. わたしたちは、イエス・キリストが三日間葬られていた後、死人の中から肉体的にも霊的にも復活されたこと、そして復活の中で彼は命を与える霊となられたこと、それはわたしたちの命、またわたしたちのすべてとして、わたしたちの中へとご自身を分与し込むためであることを信じます。(Iコリント15:45後半.ヨハネ3:16)
  7. わたしたちは、キリストが復活の後、もろもろの天に昇られたこと、そうして神は彼を万物の主とされたことを信じます。(使徒1:92:3336)
  8. わたしたちは、キリストが昇天の後、神のその霊を注ぎ出し、彼の選ばれたもろもろの肢体を一つからだの中へとバプテスマし込まれたこと、神の霊はキリストのその霊でもあって、この地上で今は罪人たちに罪を認めさせ、神の選びの民を再生し、キリストのもろもろの肢体の中に住まわれて、彼らを命の中で成長させ、キリストのからだを建て上げて、神の全き表現とするために活動しておられることを信じます。(Iコリント12:13使徒2:410:44-47.ヨハネ16:8エペソ1:22-23.2:21-22)
  9. わたしたちは、この時代の終わりにキリストが再び戻って来られて、彼のもろもろの肢体を携え上げ、この世を裁き、地を所有し、そして彼の永遠の王国を打ち建てられることを信じます。(使徒1:911Iテサロニケ4:15-17)
  10. わたしたちは、勝利を得た聖徒たちがキリストと共に千年王国で支配すること、またキリストを信じるすべての者が新天新地の新エルサレムで、永遠にわたって神の祝福にあずかることを信じます。(マタイ13:43啓21:6-7.22:5)

 


わたしたちの立場

  1. わたしたちは,いかなる伝統的な解釈にもよらず(詩篇119:105 ,コロサイ2:8IIペテロ3:15後半-16,IIペテロ1:20-21),純粋な神の言葉(ローマ1:2啓示録22:18-19)によって聖書に立ちます。
  2. わたしたちは,キリストに,すなわち生ける岩(マタイ16:16,1816:18Fノート3Iコリント10:4),土台の石(イザヤ28:16Iコリント3:11マタイ21:42),からだのかしら(エペソ1:22-23.4:15-16),召会の命(創世記2:21-23ヨハネ19:34エペソ5:29-32)また実際(エペソ4:2124)に立ちます。
  3. わたしたちは,キリストのからだの真の一に立ちます(詩篇133:1-3,ローマ12:5Iコリント12:12-13,エペソ4:3-6)。わたしたちは分派ではなく,宗派ではなく,無宗派ではなく,超教派でもありません(ローマ16:17Iコリント1:10Iコリント12:25ガラテヤ5:19-21,テトス3:10)。
  4. わたしたちは,それぞれの地方におけるすべての信者の一という立場に立ちます(使徒2:4246ローマ12:5-6.15:16Iコリント12:2027)。わたしたちは,血によって贖われ(ヨハネ1:29ヘブル9:12),霊によって再生された(ヨハネ3:35-6,テトス3:5),キリストにある信者たちはみな,それぞれの都市における一つの地方召会の肢体であると認めます(使徒14:23テトス1:5テトス1:5Fノート1啓示録1:11啓示録1:11Fノート1)。

わたしたちの伝道

  1. わたしたちは、恵みの福音(使徒20:24)と王国の福音(マタイ9:354:2324:1428:19-20,ルカ4:438:1)を宣べ伝えて,罪人に救いを得させます(ヨハネ1:29ローマ3:23-24,ガラテヤ1:4)。
  2. わたしたちは、命を供給して,信者たちをキリストの中で成長させます(エペソ4:11-14前半,15-16,コロサイ1:101:28)。
  3. わたしたちは、それぞれの都市に召会を建造して(Iコリント14:12Iペテロ2:5),信者たちを実際的に,キリストの地方での団体の表現とならせます(Iテモテ3:15後半―16,啓示録1:20)。
  4. わたしたちは、聖書から神の生ける豊富な言葉を解き放って,信者たちを養い,成長させ円熟させます(Iコリント14:314:26後半.14:31,コロサイ3:16)。
  5. わたしたちは、キリストのからだを建造して,花婿のために花嫁を備えます(創世記2:22エペソ4:124:16啓示録21:2,9,10)。

わたしたちの望み

  1. わたしたちは,神によって永遠の命へと定められているすべての人が,主イエスを信じることを望みます(マタイ24:14ヨハネ1:12ヨハネ3:15-16,Iテモテ2:12:4Iコリント2:6)。
  2. わたしたちは,再生されたすべてのクリスチャンが単なる知識の増し加わりではなく,命の成長を求めることを望みます(Iコリント3:6Iコリント13:11-12,ヘブル5:14)。
  3. わたしたちは,追い求めているすべてのクリスチャンが召会のビジョンを見て,彼らの地方で実際的な召会生活の中に入って来ることを望みます(エペソ5:32使徒26:19ヘブル13:13ヨハネ10:1-18)。
  4. わたしたちは,主が残っている勝利者を得て,彼の花嫁が備えられることを望みます(マタイ24:40-42前半,マタイ25:1-13,啓示録19:7-8,啓示録21:2)。
  5. わたしたちは,主の再来がわたしたちの成長によって早められ(ダニエル2:34-35.2:44後半-45前半,マタイ21:42),わたしたちが祝福された携え上げ(啓示録12:514:1-4,Iテサロニケ4:15-17)と来たるべき王国(マタイ5:10IIテモテ4:18ヘブル12:28)にあずかることを望みます。

わたしたちの交わり

使徒行伝2:42  そして、彼らは使徒たちの教えと交わりを堅く持ち続け、パンをさくことと祈りを堅く持ち続けた。

使徒たちの交わりは、「御父との、また御子イエスとの交わり」とも呼ばれています。この「交わり」のギリシャ語訳は、「共にあずかること」、「共同であずかること」を意味します。その意味で、わたしたちはキリストにあるすべての信徒を受け入れます。その人がどんな見解を持っていようとも、救われている信徒であれば喜んで交わり を持ちます。

ただ除かれねばならない罪を犯している者だけは受け入れるわけにはいきません。その一種類はコリント人への第一の手紙第5章に言っている幾種類かの大変汚れた、主の名を辱める罪を犯し続けている者です。もう一種類はヨハネ第二の手紙で言っているキリストの教えを踏み越えている異端者です。それはキリストは神ではない、肉体をとってこられたのではない、彼の死はわたしたちの罪を担ったのではない、彼はわたしたちを贖うことができない、彼は死んで復活しなかったと言っていることです。このような異端は今日で言う「新神学」(New Theology、Modernism)、反キリスト「不信派」の信仰です。これらは極めて邪悪な罪です。キリストの教えの中にとどまらない者は、神を持っていません。

お勧めサイト


務めと働き


Webサービス


諸地方教会(召会)のWebサイトと集会所地図


聖書の普及、無料聖書進呈